【三相変圧器】
【ケーブル】
【A1】
G-TWIN 配線用遮断器
G-TWIN 漏電遮断器
【L】
【A2】
G-TWIN 配線用遮断器
G-TWIN 漏電遮断器
  • ・この計算では一般的なケーブルの仕様で計算します。
    ※ケーブルメーカによって抵抗値r やリアクタンス値x が多少異なる場合があります。
    ※JIS規格に無いサイズの場合は、電流値を比例計算します。
  • ・変圧器T +ケーブルL の場合、変圧器のインピーダンス(%ZT)とケーブルのインピーダンス(%ZL)の和で計算した短絡電流より、√{(%xT+%xL)2 + (%rT+%rL)2}で計算した値が少し大きくなります。
    ※このプログラムでは後者で計算しています。
  • ・変圧器のx/r比は、5で計算します。
  • ・単相短絡電流は三相短絡電流の(√3 / 2)倍となります。
  • ・ケーブル導体温度が20℃の時の抵抗値を使用しています。実際の短絡電流は導体温度の高低で計算値より多少増減します。
  • ・ケーブル許容電流は、3心ケーブル1条(三相)、2心ケーブル1条(単相)を電線管布設した許容電流を参考に表示しています。
    ※400㎟, 500㎟は単心2個より、3個よりで計算します。
    布設条件(暗渠布設、直接埋設敷設)布設条数により許容電流が変わります。内線規程の資料1-3-3などを参考としてください。
    ※多条布設で電流低減が必要な場合、負荷電流はケーブル許容電流に低減率を乗じた値以下にしてください。

G-TWINシリーズ 電子カタログ G-TWINシリーズ 電子カタログ 富士電機機器制御株式会社

V20180410